0

【メンバー日記】ご当地紹介 – 沼津編 –


最近、何となーく遠くに旅行に行きたくなってきてしまいました。しかし、いざ実際に行こうと思うと何だか面倒臭くなってしまうので、日記でごまかします。

私は仕事の関係上、出張が結構多いです。今のところは自社の開発拠点への出張がメインですが、あと何年かしたらお客様先への出張も出てきそうです。
私の仕事に関係する商品は、まずお値段がめっちゃ高い上に、(規模にもよりますが)土地も必要なので、国公立大学などのお金持ちな研究機関がメインの顧客となっています。そういう所というのは(勿論首都圏にもありますが)だいたい地方にあるので出張が多くなります。

と言うわけで、日記で出張先のご当地を紹介していきたいと思います。記念すべき第1回目のご当地は、静岡県の「沼津」です!!!

......正直言って、沼津にお住いの方には大変申し訳ありませんが、第1回目が沼津というのは、何というか、地味、かもしれないですね。しかし、ここで例えば「フィリピン」などとしてしまうと、第2回目に何を置けば良いか分からなくなるのでまずは落ち着いて沼津にしておきます。

1. アクセス
沼津はここにあります。



東海道新幹線の三島駅で下車し、東海道本線に乗って1駅で沼津駅に着きます。だいぶ疲れますが、ローカル線でも新宿から2時間半くらいで行けます。
なお、徒歩では新宿駅から25時間かかります。

2. ピアノについて
この項目が必要かどうかは謎ですが、本会はピアノサークルなので書いておきます。

残念ながら、ピアノの雰囲気はほとんどなく、あってもヤマハ音楽教室がちょっとあるくらいです。貸しスタジオもない模様なので、万が一沼津に出張で缶詰になってしまった場合は、ピアノを担いで行くのがよろしいでしょう(←)

3. 見所
○「沼津」と聞いたらほとんどの方がまず「沼津港」をイメージするのではないでしょうか。沼津港は沼津駅と非常にアクセスが良く、沼津駅からバスで10分くらいで行けます。
港周辺には飲食店が充実しており、お値段もリーズナブルなのでお食事にはかなりオススメです(その代わり、お食事時は結構混みます)。

○沼津港に行くついでに是非とも立ち寄っていただきたいのが「沼津港深海水族館」ですね。港から歩いて行けます。
水族館にしては敷地面積が小さいのですが、その名の通り深海の生物をメインで展示してあり、広く遊泳する生物は少ないので、大きさの割には展示の種類は結構あります。シーラカンスの冷凍標本のほか、ひと昔話題になったグソクムシさんや、手足がやたら長いカニなど、どうしてこうなったと言いたくなるような気持ち悪...いや、癖のある生物がたくさんいて中々楽しめます。かなり人気の観光スポットで、建物が小さいこともあり入館制限がかかってしまうこともあるらしいですが、待って入るだけの価値はあると思います。
また、水族館そのものもとても充実していますが、水族館の順路の最後にあるお土産コーナーも個人的にはおススメです。



深海生物の気持ち悪さを前面に押し出したデザインとなっております。実際にお菓子の中にこれらの生物が含まれているわけではない、はず、です。私が行った時は写真撮り損ねたので外から持ってきたものですが、もっとインパクトのあるデザインのものもあります。
このようなデザイン、私的にはかなりツボなのですが、お土産で持って行ったら怒られるかもしれませんね

○正確には沼津市では無いですが、「三島スカイウォーク」も中々に面白いです。日本最長の吊り橋として知られていて、テレビ番組でたまに映ることがありますね。
実際に行ってみると、たしかに長いなぁとなるのですが、それ以上にめっちゃ揺れてヤバいです。風などが無くても、人が歩くだけで揺れます。どうやら人というものは無意識に前の人と歩くリズムを合わせるという性質があるらしく、人が多ければ多いほど、人々が歩くリズムで橋が揺れます。下手すると転んでしまいそうになるくらい揺れるので、かなりドキドキします。
「これが噂の吊り橋効果か」などと野郎5人くらいで感心し合ったのはいい思い出です。

○あと、あまりよく知らないので書くか迷いましたが、沼津は「ラブライブ」というアニメの聖地らしいです。沼津市としても結構推しているらしく、ラッピングバスなどもあります。
沼津に出張に来始めてすぐの頃、「ラブライブのイラストが描かれたマンホールの蓋が傷つけられた」というツッコミどころ満載の出来事がNHKのニュースで流れていて、日本は平和だなぁと思ったという記憶があります。

4. お土産
最後に、お土産なんですけど...これといったお土産は無いんですよねぇ。新幹線が止まる三島駅のお土産物屋さんに行くと、もっとも目を引くところに浜松名物のうなぎパイが置いてあるという有様です。
あえてお勧めを挙げるとしたら、「安倍川もち」ですかね。箱の大きさの割に配れる数が少ないので、大人数に配るのには向いてません。ただ、普通に美味しいので、家族用などの少人数用にはお勧めです。

とまぁこんな感じで、沼津というのは超有名観光地ほどでは無いにせよ、見所は結構あります。日帰りで行ってみるのもいいし、伊豆や御殿場に行くついでに寄ってみるなどであれば結構楽しめると思います。

======
さて、次回予告ですが、出張で行く予定の石川県の金沢を予定しています。こちらはバリバリの観光地ですね。ただ、出張で行っても観光などする余裕が無いので見所を見つけるまで時間がかかると思われます。その場合は、それこそ「フィリピン編」みたいな感じで海外編へ逃げるかもしれません(そんなに海外編のネタ無いですけど)

===== おまけ - 沼津の車窓から - =====
(♫テレッテッテッテテーレレー♫)



正直に白状しますが、沼津ではなくて小田原くらいで撮った写真です。
本当は沼津で大きな富士山の写真を撮ろうと思っていたのですが、「日記の最後に富士山を載せよう」と思った時から、出張に行くたびに雨が降るようになってしまったので、小田原から撮った丹沢山地の写真で妥協しました。

Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>