0

【メンバー日記】ディズニー映画はなぜミュージカル?


先日 「アナと雪の女王」がテレビでやってましたね
昔からディズニー映画を見て不思議だったのが
ミュージカル形式だということです

というか ホントの疑問は
なぜ日本にはミュージカル映画が少ないのか?
ということです

私がミュージカル形式の映画を見て不思議に感じてしまうくらい
日本には根付いてません

ディズニーの映画を代表する海外のミュージカル映画みてると 
楽しいときも 悲しいときも 寂しいときも 恋をしているときも
全て歌(音楽)で表現していますよね

日本の映画では 逆に 無音無表情無感情での表現が多いと思います
文化の違い ということなのでしょうか

日本でも歌だけなら 感情のこもった歌がたくさん存在します
映像と音楽を結び付けるということが苦手んですかね(^^;)

しかし 日本にも江戸時代から続く「歌舞伎」や 
歌舞伎ほどの歴史はないですが絶対的な地位を獲得している「宝塚」があります
これらはストーリーに音楽がおり込まれています なんで映画には反映されなかったんでしょうね

もし 子供向けの「アンパンマン」や「ドラえもん」の映画もミュージカル形式だったら
子供の頃から音楽での表現力がもっと身についてたかもしれません
日本の音楽向上にもつながるんじゃないでしょうか
歌舞伎や宝塚は 子供はみませんから(笑)

ピアノを弾くにも 曲に感情を表現できたら楽しいと思いませんか?
同じ曲を 喜怒哀楽 それぞれに弾き分けたり
1曲の中で 感情がころころ変わったり
ひょっとしたら 子供の頃 ディズニー映画をたくさん見てた人は 得意なのかもしれませんよ

私の好きなディズニー映画「美女と野獣」より 途中で感情変化のある2曲を紹介します

久しぶりのお客さんに喜び その喜びのあまり つらかった今までを思い出し悲しくなり そして再び喜びで最大限に盛り上がる
「ひとりぼっちの晩餐会」


こちらは歌詞の文字通りの感情変化
芽生えつつある愛に対して うれしさの他に 不安や不思議な感じも表現されてます
「愛の芽生え」


これが音楽の醍醐味ですよね
みなさんはもう遅いかもしれませんが(笑) せめてお子さんが生まれたらディズニー映画をたくさん見せてあげてください
音楽での表現力が高まるかもしれませんよ
信じるか信じないかは あなた次第です(笑)

実はディズニー映画について書いたのには理由があります
4月6日(土)に 第3回ディズニーイベントを開催します
ディズニーランドorシーに遊びに行きます
トピ立てはもう少し後になりますが
今から準備をしておいてください
みなさんの会社で加入している 社会保険会社で 割引券がもらえることがあります
ぜひ会社の経理担当の方にお尋ねください
割引券には期日があったり 入手までに時間がかかったりするのでお気を付けください
イベントの詳細は追ってお伝えいたします
ちなみに第1回目はランド 2回目はシーに行きました
第3回は未定です 参加者の多数決で決めます

2月3月に新規で参加してくれるメンバーさんも参加可能です
まずは練習会に参加してください お待ちしています

byトシ

Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>