0

【メンバー日記】ピアノを持ち運んでみた – (その3)


発表会までもう少しですね!皆さん曲の仕上がりはいかがでしょうか?
私はちょっとやばいので、こうやって日記を書いて現実逃避をしていますbb

-----------------------------------------------------------

さて、これまでの日記で、電子ピアノと電源が一応はそろいました。後はこれをどうやって持ち運ぶかという問題を解決すればポータブルピアノの完成です。

(5) かばん選び

ピアノ選び、電源の調達という山場を越え、「後はかばんを買うだけだ。楽勝だな」とか思っていたのですが、実際やってみるとここが一番の鬼門でした。

色々探してみましたが、ピアノかばんの形状は以下の3通りに大別されるようです。

①ショルダーバックタイプ
②リュックタイプ
③キャスター付きのスーツケースタイプ

まず①のショルダーバックタイプですが、おそらくこれが一番メジャーなのではないでしょうか。88鍵用となると流石に種類は限られますが他のタイプに比べたら安い値段で手に入ります。

②のリュックタイプですが、これが意外にほとんど売っていません。
肩にかけるよりも背負った方が持ちやすいよな...などと思いながら、ふと横のピアノを見てみると、売っていない理由は一目瞭然でした。
88鍵って結構長いんですね。人の身長と比べても大差ありません。その上なかなかの重量がありますので、背負った瞬間、下手したら後ろにこけてしまうかもしれません。
(背負ったら危ないことに気づいた時点で、「肩にかけるのも..」.と思わなかった訳ではありませんでしたが、当時の私はなぜか理由のない自信で満ち溢れていました)

持ち運びやすさを考えれば圧倒的に③のタイプですね。しかし、お値段が4~6万円と、かなりお高いです。ピアノがもう一台買えますね。
流石にかばん一個にこんなにお金をかけるのはなぁと思って私は買いませんでしたが、本気でピアノを運びたかったらこれを選ぶべきだったかも知れません。

ということで、②はほとんど売っていないし、③は高すぎるのでとりあえず私は①のタイプを選びました。

-----------------------------------------------------------

さて、これで全て出揃いましたが、

・88鍵電子ピアノ
・スタンド
・電源

あわせて大体20kgくらいです。人に換算すると 0.3 人分くらいの重さですね。
人を投げた経験は結構ある方なので、まあ何とかなるやろ...とか思ってました。実際に持ってみるまでは。

実際に持ってみてどうなったかは次回の日記に書こうと思います。

Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>