0

【メンバー日記】ピアノ椅子の高さ考①


唐突ですがピアノ椅子の高さについて、ふと書いてみようかと。

PH会で私が弾く(一種、異様な)姿を見た人は、
「あぁ・・・まあ、一家言あるんだろうね」
と冷笑する方もいるかもしれません(TT)
しかし良い悪いは「世間一般の常識」で判断するものではなく、
『自分に合っているか』『その人に合っているか』で判断していく方が
様々な世界への扉を開いていけるのでは、と思うのです。。

そもそもピアノの椅子、皆さんはどんなものをお使いでしょう?
市販の有名どころ(?)では、
背もたれ付きで高さ調節が段階式のものと、
背もたれ無しで横幅が広く、高さ調整がねじ式(無段階式)のものでしょうか。

近年、高さ調整が(たぶん)油圧式の椅子が出て、
素早く微調整できる利便性(と座り心地?)から人気を博しているとも聞きます。

さらに有名な小話として、
あるピアニストが演奏前に椅子をさんざん上げ下げし、
仕舞には「客席のご婦人、そのプログラムを一部お貸しいただけますか?」
と言ってプログラムを敷いた上に座っただの、
「君の尻を1インチスライスしようか?」
と指揮者が言っただの。

プロピアニストに対して、かなりネタ色が強いものの、
肯かざるを得ない揶揄を含んだお話、あります。
(そのピアニスト自身も、それをネタにしている部分がありますし)

しかし弾く時の高さ、(私としては特に)重要なものです。
それぞれの高さにメリット・デメリットあると思いますが、
この高さが良いと、誰が決めたのでしょう?

どうせ弾くならうまく弾けるようになりたい。
あのピアニストのように、自由自在に弾いてみたい。
じゃあ、そのピアニストの椅子の高さは?
(正確にはピアノと椅子の距離、椅子の高さ、姿勢で変化させているものですけど)

その人の身長(とか座高)にもよりますが、
ざっくり3種類、奏者の肘が鍵盤より、
①高いか、②同じくらいか、③低いか、です。

繰り返しますが、それぞれにメリット、デメリットがあります。
その上で、自分なりに考察(という名の言い訳)できたらと思います。。

Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>