0

【メンバー日記】不惑を迎えて


 振り返って丁度10年前、30代の入り口に立った2009年は仕事の上で初学者から中堅の立ち位置へ移行した年でした。今思えばまだまだ知らないことだらけだった筈ですが、何となく分かった気になって意気盛んに色々とチャレンジしていた頃でした。自分の努力次第では何か凄いことができるんじゃないか――そんな根拠のない自信と一握の不安がないまぜな、なんとも名状し難い心持ちで日々を懸命に生きていたように思います。

 そして2011年の震災以後、大きく運命の歯車が動きだして一体全体自分で舵を取っているのか、それとも大きな流れにただ翻弄されているだけなのかも分からないような年月を経ました。自分の身の程を知ったことで良い意味で力が抜けて、何ともなしに久々に真面目にピアノに取り組んでみるかという気分になりました。当会に拾って頂いたのはそんな時期だったのです。会員諸氏の好演に刺激を受けて一念発起し、ショパンの舟歌にチャレンジしました。怏々たる我が30代の惑いを曲に込め、時間をみつけては練習に励みました。

 ピアノを奏でることでうまくいかないことが好転するわけでもなかったけれど、新しい曲を弾き始めることで新鮮な気持ちに満たされ、曲中の困難な箇所を克服できたときにはまるで子供の頃初めて自転車に乗れた時のような純粋なる達成感を得ました。入会を契機として、小生にとってのピアノは趣味でありながらも単なる趣味を超え、私のざらついた心を鎮め一条の光明を灯してくれるような存在となりました。




昭和に生まれて平成の世に育ち、今年で平成と共に30代を終えます。
無いものを嘆かず在るものに感謝し、希望を胸に自分の歩幅で歩みを進めていきたい。そんな年頭所感です。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。
皆様の傍らにある音楽が多くの幸いを導き、輝かしい一年となりますよう祈念しております。

Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>