0

【メンバー日記】晩年ピアノ


70になってピアノを再開して上手くなるわけはない。
何を考えていたのだろう?辞めた18の時のレベルにたどり着くことはできない。
ただただピアノを弾きたいという気持ちで再開したことを忘れちゃいけない。
悲愴2楽章を練習して、これは無理かな〜と挫折しかけたけど「いいんだ、上手く弾けなくて。」と腹をくくったら、楽しくなって来た。
お遍路に「同行二人」という言葉がある。一人でも弘法大師と一緒という意味だ。
私は今ベートーベン様と二人と思って弾く。色々おしゃべりしながら弾く。
夜はお酒の後だと、ちょっとしか弾けないので10分くらいで「おやすみなさい。また明日。」というと「ごくろうさま」と答えてくれる、ような気がする。
上手くなることを目的にするとツライ。わかっていても上手くなろうとするから落ち込む。
でも十分年とったから楽しむことに専念しよう。
それでいいんだよ、と私のルートヴィヒもうなずいている。

Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>