0

【メンバー日記】私のクリパは深夜1時から始まった


クリパに参加してくれた皆さん
お疲れさまでした

昨年はみんなでケーキを作りましたが今回は
私が自宅でケーキを作ることになりました

ホントは仕事終わってからすぐに始めようと思ってましたが
まだいいや まだいいや まだだいじょぶ・・・
と思って「やりすぎ都市伝説」を見ているうちに(録画)
深夜1時・・・(^^;) 

さてそろそろ始めます 私のクリパが始まりました

ケーキは バナナのムース デコレーションにピアノをかたどったものを考えました



まずはピアノ部分のスポンジを作ります ちょっとかためにしたいので水分少なくします これをグランドピアノの蓋っぽい形にオーブントースター(オーブンないので・・・)で焼きます
この時ついでにバナナも一緒に焼いておきます


焼いている間に バナナムースを作ります
ゼラチンを5倍の水でふやかして 牛乳を40度まで温め 砂糖と卵黄を混ぜます
アングレーズソースです 
ちなみに私 家では一切 計量計温はしませんので 適当(感覚)です(笑)


卵黄砂糖が白っぽくなるまで混ぜたら 牛乳を混ぜ 鍋で弱火で温めながら
鍋底を焦げ付かないようにゴムベラでこすりながら77度まで加熱します
計温もしないので感覚です(^^;) ちょっととろみがついてくるのが目安です
ここでふやかしておいたゼラチンを加えて溶かし 1度こします


ここに バナナ クリームと相性の良い ラム酒を加えるのですが そのままでは風味が強すぎるのでアルコール分を飛ばします


焼いておいたバナナ(4本使用)をミキサーで液状にしてアングレーズに混ぜます
同時にチョコを湯煎で溶かしていきます


ピアノの蓋型にしたつもりのかためのスポンジが焼きあがりました(笑)
後でカットして形を整えます


アングレーズの粗熱を冷ます間に 飾りにする ぴあにゃーびん を作ります
お皿にラップをして 溶かしたチョコを形にして冷蔵庫で冷やします


アングレーズが適温になるタイミングに合わせて生クリームを立てていきます
ここが1番大事なとこで 熱がありすぎると混ぜた生クリームが死んでしまうし
逆に冷ましすぎるとゼラチンが固まってしまい 再度加熱しなければなりません
ちなみに昨年と同じく 生クリームにはマスカルポーネチーズを加えます


生クリームは7分立てにして ムースで使う分量を 3回に分けてアングレーズに混ぜていきます 強く混ぜると せっかく立てた生クリームの泡が消えてしまうので ゴムベラで切るように混ぜていきます
できたら あらかじめ冷凍庫で冷やしておいた器に 底から スポンジ ムース(1度冷凍庫で2~3分固めます) スポンジ ムース の順で入れていき 冷凍庫で固めます


残りの生クリームはデコレーション用に10分立てにします
固まったムースに生クリームを塗り ピアノ蓋型にしたスポンジに湯煎で溶かしたチョコを塗り 余ったチョコで 音符やト音記号を作り ぴあにゃーびん・・・
あれ?どんな顔してたっけ?サークルのマスコットキャラなのに思い出せない(笑)
いつも見てるのに いざ探すとなかなか出てこない クリパトピのは速く動いててわからないし・・・この時2時半 もうみんな寝てるだろうな~(^^;)
昨年の合宿のトピでようやく発見!
なんとか顔を描きました が私ピアノもですけど 絵もへたくそです(笑)

3時でいったん終了 少し寝て 7時に起きて再開 果物は クリスマスカラーを意識して イチゴとキウイにしました
家を9時半に出るので それまでの作業です このほかにかぼちゃサラダも作るのでちょっと慌てましたが なんとか間に合いました

ケーキの仕上げは 現地ですることになっていたので 会場で生クリームを絞り
飾りを載せて完成です

私うっかり 完成したとこの写真を撮り忘れてしまいました・・・(+_+)
写真撮った方 コメント欄に載せてくれるとありがたいです
お願いします

いいわけですが やはりお店で作るのと自宅で作るのとでは 設備も違うし 手に入る材料も違うし 気分も違うし(^^;) ぐだぐだになってしまいましたが暖かい目で見てくれると嬉しいです

食べてくれた方ありがとうございます 
また気が向いたら 何か作っていきますので
今回食べれなかった方も その時はぜひ 

クリパお疲れさまでした
イントロクイズに美女と野獣の「一人ぼっちの晩餐会」弾いてくれてうれしかったです
あれ ルミエール(ろうそく)の真似して歌うと子供が喜んだんですよね
私の得意持ち歌でした

byトシ

Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>