0

クラシック関係の有用なサイト

Classical music buying guide from Naxos.com
マニアックな掘り出し物のCDプレスで定評があるナクソスのサイト。50レーベル、1万人の作曲家、のべ230,000曲以上の膨大な音源をCD並の音質で全曲再生可能。香港のサイトで登録すれば年間20-30ドルで視聴可能。なぜか日本で登録すると月間2000円と格段に不利になるので注意(そのかわり日本語でサイトをみることが可能だが)。年間コスト2000-3000円でこれだけの楽曲を聴けるのはリーズナブルだし、またコンテンツもナクソスらしく中身が充実している。

音楽(MIDI MP3)ダウンロード、投稿サイト – プレイヤーズ王国
個人の作った音楽演奏、ア・カペラ、インストゥルメンタル、MIDIピアノなどを公開することが可能。コピー曲・オリジナル曲ともに多くの曲が投稿されており、その数は合わせて5万1000曲にのぼる。かって日本一のライブラリをほこったNiftyのクラシックMidiフォーラムがなくなりデータはこちらに引き継がれているよう。

CLASSICAL MUSIC ARCHIVES – CLASSICAL MUSIC
有名な巨大Midi、MP3サイト。1200人以上の作曲家、4万以上のピアノが存在。あらゆるクラシック曲がある。ただし著作権がいまだ切れていない近現代ものは一部ライブラリーには含まれていない。

BBC – Radio 3 – Classical
BBCのクラシックチャンネル。24時間ストリーミング放送。ピアノはさすがに世界一の充実度であろうが、時差があるのと(当然英国のゴールデンタイムに「看板番組」が放送されるのだろうところ、日本では深夜早朝)配信がReal mediaである点はマイナス(Real Playerはいまは先ず使わない)。

ABC Classic FM
ABC(Australian Broadcasting Corporation)のクラシックチャンネル。24時間ストリーミング放送。時差という点では二時間と同じ太平洋州国同士で有利。コンテンツもNHKのFMの紋切り型、定番中心になれた耳からすると斬新。オーストラリアの近代作曲家、近現代作品を積極的に取り上げ、メール登録すると定期的にコンテンツ案内が送信されてくる。

IMSLP
International Music Score Library Project (IMSLP) はパブリックドメインにある総譜のバーチャルライブラリをピアノする、インターネットを拠点としたプロジェクト。2006年2月16日の開始以来急成長、現在3000以上の楽曲、5600以上のスコアがある。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第四番」(二台ピアノ版)とかディーリアス「ピアノ協奏曲」の楽譜があったりして驚かされる。かってラヴェル、ラフマニノフの作品などは銀座ヤマハの輸入楽譜コーナーで入手するのが定番で、楽譜一冊5000-6000円というのが常識であったことからすると隔世の感。

以上、コンテンツそのものを直接インターネットで取得できるサイトの有名どころ。コンテンツの単なる案内サイト(コンサートガイド、チケット予約、ホール案内など)は含まない。


Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>