0

尾高尚忠「みだれ~二台のピアノのためのカプリッチョ」(1938)

尾高尚忠とは、指揮者尾高忠明の父親で、1938年の作品だが、戦前の作品とは思えないとてもモダンなピアノ曲。また、みだれ、というタイトルがついているが、とっても日本的な~満開の桜の花びらが桜吹雪となって舞い散るような、流転の情景が展開される。2台ピアノの演奏。

東京生まれ。成城高等学校中退後、1931年にウィーン音楽アカデミーに留学。1年半学んだ後一旦帰国し、プリングスハイムに作曲を学ぶ傍ら、武蔵野音楽学校で音楽理論を教える。 34年再びウィーンに戻り、アカデミー作曲科マスタークラスにてヨゼフ・マルクスに、また指揮科にてヴァインガルトナーに師事。卒業作品「日本組曲」(管弦楽曲)はヴァインガルトナー賞を受賞する。卒業後は、ウィーン交響楽団やベルリン・フィルにて指揮者として活躍。40年に帰国後、42年からは日本交響楽団(NHK交響楽団の前身)常任指揮者として献身的に活動。日本の交響楽運動に多大な貢献を果たす。一方で、オーケストラ作品を中心に創作活動も展開。その作風は、ドイツ・ロマン主義に日本的趣味を加味したものと捉えられよう。39歳にて疲労により病没。1周忌には、日本人作曲家のオーケストラ作品を対象とした「尾高賞」がN響により設立された。息子の惇忠は作曲家、忠明は指揮者として活躍している。

 尾高尚忠「みだれ~二台のピアノのためのカプリッチョ 作品11」(1938)

越後獅子から着想を得たとされるプロコフィエフのピアノ協奏曲第三番からのまわりまわった先祖がえりのパッセージ + ラフマニノフ風のメロディクな旋律の第一部、中間に耽美的などこかドビュッシーの「沈める寺」をおもわせる第二部をはさみ、再び第一部が再現される。戦前のドイツ留学組の作風は芥川也寸志に代表されるように新古典主義時代のロシア趣味が濃厚である(プロコフィエフ、ショスタコービッチ風のパッセージが多い)。ただ、当時の新古典主義の影響をうけながらも、根底に日本音階のメロディーがあり他の西洋音楽とは異なる親近感が感じられる。


Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>