0

気になる楽譜(12/2)


Franz Liszt
Les Préludes (Symphonique Poem)

以前、二台ピアノ版をきいて面白いと思った作品。この曲は、どうきいてもワーグナーとしか思えず、実はリストの作品であると知ったのも、つい2-3年前と最近のこと。形而上学的に「音を遊ばせてみる」ことを極めて技巧的に行うとこの様な作品になるのだろうか・・・。ピアノは空疎といえば空疎だが、リストの義理の息子ワーグナーが、その反対陣営のブラームスの「ヘンデルバリエーション」を「陳腐な古典様式でも、やりようによってはこんなにも面白くできるのだ」と賞賛した、というエピソードをなんとなくそっくりそのままこの曲にかえせる感じ。ここら辺は、サンサーンスの「オルガン交響曲」にも似たような事がいえそう。すくなくとも、創作者の「肉声」「個人的経験」「自己の内面の思念」という言葉から連想される類の音楽とは180度方向性が異なる(あえてラベリングすれば)叙事的作品。

F.リスト「前奏曲」

20th Century Classics Volume 2
出版社 : Boosey & Hawkes

20世紀クラシックスとなうった作品集。編曲が子供騙しだとがっかりだが、作品のチョイスは多彩で魅力的。特段、ディーリアス作品等めったにピアノで弾けない作品をふくむ所。

用語索引楽譜データ
di-arezzo カタログ番号 : BOOSE03894
Piano 4 hands – Score
ピアノ : Holst : Intermezzo from 1st Suite
Delius : On Hearing the First Cuckoo in Spring
Khachaturian : Sabre Dance from Gayaneh
Copland : Saturday Night Waltz & Hoe Down from Rodeo
Shostakovich : Symphony No. 5 (2nd movement)
Bernstein : Tonight from West Side Story
Prokofieff : Troika from Lieutenant Kijé
Rachmaninoff : Vocalise

Many of the greatest pieces of 20th Century music, particularly orchestral works, are available in recorded or score form only. It is our pleasure, therefore, to bring you these piano duet arrangements of some of this century’s beloved themes.As well as providing an opportunity to get to know these outstanding composers and their music in a more direct way, this exciting collection contains some effective short concert items. Roger Brison has provided sympathetic and pianistic duet arrangements which we are sure will be useful for many years to come.
Level of Difficulty : Easy, Edited by Roger Brison

F.ディーリアス「春をつげるカッコウ」 

ディーリアスのメロディーの移り変わりはエッシャーの騙し絵を思わせ、その和声の色彩感はまるで点描画のよう。ドビュッシー以上に「印象派」だと思う。

S.ラフマニノフ「ヴォカリーズ」

丁度、その交響曲2番の第3楽章のように、「冒頭のメロディはどちらかというと陳腐だが、展開の妙できかせる」音楽。中間部のメロディのひろがりは、まさにチャイコフスキーの後継たる面目躍如。

Robert Schumann
Symphonies
出版社 : Durand

用語索引楽譜データ
di-arezzo カタログ番号 : DURAN05921
Piano 4 Mains

R.シューマン交響曲第三番「ライン」


Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>