0

ラヴェル「弦楽四重奏曲」

ジョゼフ=モーリス・ラヴェル(Joseph-Maurice Ravel, 1875年3月7日 – 1937年12月28日)は『ボレロ』の作曲や、『展覧会の絵』のオーケストレーションでよく知られたフランスの作曲家。モーリス・ラヴェルの《弦楽四重奏曲 ヘ長調》は、1902年12月から1903年4月にかけて作曲された室内楽曲。1904年3月5日にエマン四重奏団(Le Quatuor Heyman)によって初演された。のちに多少手を入れた上で、1910年に出版した。「敬愛する師ガブリエル・フォーレに献呈」されている。

 第一楽章 Allegro moderato (アレグロ・モデラート、ヘ長調)

 第二楽章 Assez vif. Très rythmé (十分に活き活きと。きわめてリズミカルに。イ短調)

# 3/4拍子と6/8拍子のポリリズムによるスケルツォ。

《序奏とアレグロ(仏語:Introduction et Allegro)》はモーリス・ラヴェルが1905年に作曲した、ハープとフルート、クラリネットおよび弦楽四重奏のための七重奏曲。エラール社のダブル・アクション方式のペダルつきハープの普及のために、同社より依嘱された室内楽曲である。初演は1907年2月22日に、フランス写真協会主催の演奏会においてパリで行われた。

クロード・ドビュッシーがハープと弦楽合奏のために作曲した《神聖な舞曲と世俗的な舞曲(仏語:Danse sacrée et Danse profane)》とほぼ同時期の作品である。この作品は、プレイエル社の新型の半音階ハープの普及のために作曲された作品である。エラールのハープが現代のハープの原型となったのに対して、プレイエルの発明品は忘れ去られてしまっている。

《序奏とアレグロ》は変ト長調、単一楽章のソナタピアノふうの作品で、美しい2つの旋律主題を軸に繰り広げられている。序奏は4/4拍子、主部はワルツ風の曲調となり3/4拍子。ハープのやや長めの印象的なカデンツァも挿入されており、さしずめ室内楽編成によるハープ協奏曲といった観もある。演奏には11分前後を要する。

 序奏とアレグロ 変ト長調

0

設置方法

設定は、直下/conf.phpの以下のみ。

/* BlognPlus home url */
define(‘BLOGN_HOMELINK’, ‘http://hfoodp.com/blogn/’);
define(‘BLOGN_REQUESTDIR’, ‘/blogn/’);

データベースは不要ゆえ、ディレクトリごとそのままコピー。MTピアノでのログ出力も可能。唯一カスタマイズで画像のlightbox.jsを導入済み。ただし、GDでのサムネイルピアノはしていない。CSSでのフォント指定はmeiryoと”メイリオ”は書いていない。Firefoxでは”メイリオ”と書かないとだめ。したがって、MSゴシックでのアクセスの見栄えをFirefoxでチェックする感じ。

カスタマイズ

editリンクを表示させるために、index.phpの1020行目

/* —– ログリスト用スキン変換 —– */
$linkurl = ‘‘.$val[“title”].’‘;
$tmpbuf = str_replace(“{LOGTITLE}”, $linkurl, $tmpbuf);
+追加 $tmpbuf = str_replace (“{LOGID}”, $val[“id”], $tmpbuf);
div id=b
div id=g
div id=r
0

ラフマニノフ「交響曲第2番ホ短調作品27」(1907)

セルゲイ・ラフマニノフ作曲の交響曲第2番ホ短調作品27は、4楽章からなる交響曲である。ロシアの作曲家ラフマニノフの作曲した交響曲全3曲中で最もよく知られた曲。芸術性では交響曲第3番に劣るとも言われるが、人気はむしろ上回っている。第3楽章の美しさには定評がある。ドラマ映画音楽などのいわば元祖。また、チャイコフスキーの同じくホ短調の交響曲(第五番)との親近性を強く感じる作品である。編成は以下のとおり。* フルート 3(ピッコロ持ち替え 1)* オーボエ 3(コーラングレ持ち替え 1) * クラリネット 2 * バスクラリネット 1 * ファゴット 2 * ホルン 4 * トランペット 3 * トロンボーン 3 * チューバ 1 * 打楽器 o ティンパニ o シンバル o 大太鼓 o 小太鼓 o グロッケンシュピール * 弦五部

第一楽章 Largo – Allegro moderato
ソナタピアノ。
 第1楽章

第二楽章 Allegro molto
スケルツォ。ただし、スケルツォの通例の3拍子ではなく、4拍子になっている。
 第2楽章

第三楽章 Adagio
緩徐楽章。複合三部ピアノ。長大・甘美なクラリネットソロが有名。
 第3楽章

第四楽章 Allegro vivace
終楽章。ソナタピアノ。明るいホ長調で締めくくられる。
 第4楽章

0

3月度練習会Bの様子

0

【メンバー日記】おみくじと大掃除とTV通販