0

フォーレ「ピアノ五重奏曲第2番」

ガブリエル・ユルバン・フォーレもしくはフォレ(Gabriel Urbain Fauré, 1845年5月12日 – 1924年11月4日)はフランスの作曲家。
ピアノ五重奏曲第2番 ハ短調 Op.115 (1919 – 21年)
1920年にフォーレは音楽院を辞職した。これにより作曲に充てられる時間は増えたものの、経済的な不安を抱え込むことになった。ロベール・ロルタのピアノとエッキャン四重奏団により行われた初演は大成功で聴衆全員のスタンディング・オベーションで迎えられ、批評家からも支持された。この作品は後輩のポール・デュカスに献呈された。
 1. Allegro moderato

 3. Andante moderato

チェロ・ソナタ第1番 ニ短調 Op.109 (1917年)

ヴァイオリンソナタ第2番の完成にひきつづいて作曲され、1918年1月にアンドレ・エッキングとアルフレッド・コルトーにより初演された。第1楽章は、フォーレの作品には珍しい荒々しさが見られるが、再現部の第一テーマの後にはフォーレらしいとてもファンタジックな展開。

 第一楽章 Allegro


Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>