0

ブルックナー「交響曲第9番ニ短調」

交響曲第9番ニ短調は、アントン・ブルックナーが取り組んだ最後の交響曲である。1896年10月11日に作曲者が他界したとき、終楽章は未完成のまま残された。実演や録音では、完成している3楽章のみで演奏されることが非常に多い。1884年夏、ブルックナーは交響曲第8番を完成させた後、この作品の作曲に取り掛かった。彼はベートーヴェンの『交響曲第9番』と同じ「ニ短調」という調性を選んだことについて、人々の反応を気にしたものの断固とした決意を持ったまたブルックナーはこの作品の献辞として、譜面にドイツ語で「愛する神に捧ぐ」と書いた。しかし1887年からブルックナーはまたもや旧作の改訂に追われ第9交響曲に集中することができなかった。この改訂で交響曲第1番と交響曲第8番の改訂労力を費やしている。1892年12月に交響曲第8番が初演された後、ようやくこの曲の作曲に打ち込むことができるようになったが、彼の病状は悪化し続ける。ようやく1894年11月30日に第3楽章を完成させた。その頃、ブルックナーはウィーン大学の講義においてこの作品が未完成に終わった場合には自作の《テ・デウム》を演奏するように示唆した。第3楽章の完成後、ブルックナーの病状はさらに悪化し、ついに18年間住んだ4階建ての建物の住居で階段の乗降が不可能になったため、皇帝よりベルヴェデーレ宮殿の住居が彼に提供された。1896年10月11日、最後の日の午前までブルックナーは第4楽章の作曲に携わったが、午後3時過ぎに息を引き取り、結局全曲を完成させることはできなかった。未完成に終わった第4楽章の自筆楽譜は、ソナタピアノの再現部の第3主題部が始まるところでペンが止まっている。現在多くの研究者はブルックナーがスケッチの段階において楽章全体を作曲し終えていたと主張しているが、相当数の草稿が失われたままである。初演は1903年にフェルディナント・レーヴェの指揮によりウィーンで行われた。但し、後述のレーヴェによる改訂版による。

楽器編成
* フルート3 * オーボエ3 * クラリネット3 * ファゴット3 * ホルン8(第5~8ホルンはワグナーチューバと持ち替え) * トランペット3 * トロンボーン3 * バス・チューバ1
* ティンパニ1 * 弦楽五部。

全部で4楽章から成るが、第4楽章は未完成であり、草稿として存在するにすぎない。スケルツォの配置(第2楽章を占める)と調性(ニ短調)は、ベートーヴェンの《交響曲 第9番》との共通点である。前記のとおり、実演や録音では、完成している3楽章のみで演奏されることが非常に多い。

第1楽章 Feierlich, misterioso

ニ短調、2/2拍子。ソナタピアノの展開部と再現部を入れ子にするブルックナーの傾向は、この楽章において完全に具現化されている。この楽章のピアノについて作曲家のロバート・シンプソンは、「陳述、反対陳述、そして帰結」と言い表している。第1主題は瞑想的な音楽で8つの動機によって形成され、第63小節からの第7動機で圧倒的な頂点を作る。調性は不安定で無調も存在する。なおこの後全曲に出てくる全ての動機はこれらの変形による。第2主題は97小節から始まり、イ長調の人間的で慈愛に満ちた響きの基、ポリフォニーの展開を続ける。ここでも旋律は半音階的で2小節で12音全て使い切る部分もあり調性は不安定である。123、141小節にハ長調の動機が突如として現れる。第3主題はニ短調、154小節に主音と属音でのみできた動機がオーボエに現れ、それを弦楽が転回系で応えるというものである。厭世的な音楽であり、クライマックスの後穏やかなヘ長調となり提示部を終える。展開部では第1主題の動機が拡大して展開し再び第7動機で頂点を迎える。このときには弦の激しい音階を伴い3回繰り替えされ、続いて355小節から後の新ウィーン楽派さえ想起させる斬新でポリフォニックな行進曲が続く。休止の後、今度は400小節から第7動機が憐れみを請うかのように提示されるがこれも短い。再現部では展開部のほとんどが第1主題によるためか第2,3主題のみとなり、これらもかなりの変形を受け、大変不協和なクライマックスの後、ワーグナー風の葬送コラールが現れる。コーダ付近で《交響曲 第7番》第1楽章からのパッセージが引用される。最終ページにおいては通常の i-V の和声進行に重ねて、II度のナポリの六も使われ、i度やV度に対して軋るような不協和音を生じさせている。最後には全オーケストラによる空五度の和音(ニ・イ)の連打によりニ短調の要素が打ち消されニ調により終わる。

 第1楽章

第2楽章 Scherzo. Bewegt, lebhaft – Trio. Schnell

ニ短調、3/4拍子のスケルツォ。ピアノは複合三部ピアノ。このデーモニッシュなスケルツォの開始和音はトリスタン和音を移調したもので、主調であるニ短調についても調的に曖昧なところがある。ブルックナーの他のスケルツォ楽章に比べ、民族的な要素はもはやわずかな部分でしかない。開始から42小節間の間はトリスタン和音の変形と分散により浮遊感を漂わせる。表現主義的なオーケストレーションのもとニ短調と嬰ハ短調が対比的に扱われる。43小節からは突如として暴力的なトゥッティとなり聴衆を驚かせる。それはさらに線的書法へと変形し、頂点を迎える。すると115小節からオーボエのコケティッシュな主題が登場する。これは民謡風の明るいものだが、せわしなくなり再びあの暴力的な主題が現れ、バーバリズムなコーダに向かう。トリオは遠隔調の嬰ヘ長調が使われ、トリオとしては異例の速さがとられている。ロバート・シンプソンはこの箇所におぞましさを見出し、ブルックナーが偽善的な個々人の振る舞いを書きとめていると標題的に解釈した。舞踊風の主題と、エレジーがロンドピアノを織り成す。

 第2楽章

第3楽章 Adagio. Langsam, feierlich

ホ長調、4/4拍子。抒情的な静けさと畏怖の念をもつ音楽。コーダは、自作の《交響曲 第7番》をほのめかしている。ピアノは変奏曲とも再現部を伴わないソナタピアノとも取れる自由なものである。冒頭第1ヴァイオリンが9度上昇しつつ、旋律はブルックナーが今まで《交響曲 第7番》などに用いた上昇音階に変容する。第9小節から第16小節にかけて高揚し、第17小節からはフォルティッシモの超越的な頂点に達する。静まったと観るや第29小節からはワグナーチューバに荘厳なコラール風の主題が挿入される。第1楽章第1主題をほのめかしたこの主題をブルックナーは「生との訣別」と呼んだ。ここまでを第1主題部と見ることができよう。続く第2主題は第45小節から変イ長調、弦楽に現れる。木管に受け継がれながらも第57小節からは変ト長調の新たな主題に発展する。やがてホルンの動機を加えつつ、最終的にはワグナーチューバが不協和音を奏でフルートがコーダに登場する伴奏音形を予告する形で総休止となる。展開部においては幾分自由な主題展開を見せるが第199小節にくるこの部分最後の音楽はロ短調フォルティッシッシモの大変不協和なクライマックスとなり結尾和音では属13の完全和音となる。コーダは第207小節から始まり調性は穏やかにホ長調へと収束していく。前述の通り第7交響曲の冒頭主題や第8交響曲のアダージョ主題をワグナーチューバで回想し静かに楽章を終える。

 第3楽章


Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>