0

プロコフィエフの音楽

セルゲイ・セルゲイェヴィチ・プロコフィエフ(1891年4月23日 – 1953年3月5日)は、ロシアおよびウクライナの作曲家、ピアニスト。現在のウクライナ、ドネーツィク州(当時はロシア帝国領)ソンツォフカ(Сонцовка)生まれのロシア人。初期にはロシア未来派としての役割も担ったが、長期の海外生活、ソヴィエト連邦への帰国を経るにつれ、追従者のいない独自の境地へ到った。快活なリズム感、斬新な管弦楽法は、ボリス・ティシチェンコやロディオン・シチェドリンなど後代のロシアの作曲家に影響を与えている。ピアニストとしての腕前は、残された音源(「ピアノ協奏曲第3番」を含むレコードへの録音全集がNaxosからリリースされている。他に、ピアノロールへは自作のほかにグラズノフなどの作品を吹き込んでいる)を聴く限り、現時点では評価が分かれるものの、自作自演を前提にしたピアノ作品は現在でもピアニストのレパートリーとして人気が高い。アメリカへ渡る経由地として日本でも演奏旅行を行っていたことがあり、山田耕筰のフォローにもかかわらず、わがままな言動で当時の記者たちを混迷させていた。前妻とのトラブルを乗り越えて作曲された「ロメオとジュリエット」など、バレエ音楽にも力作が多い。20歳以上離れた共産党員で詩人の後妻ミラ・メンデリソンへの傾倒と前後して、聞きにくい半音階書法から聞きやすい全音階書法へ推移した。この転向はアレクサンドル・モソロフのように当局の圧力でやむを得なく変えたのかどうか、現在でも判然としない。既に帰国直前の「ピアノ協奏曲第5番」では、めまぐるしい転調プラス全音階書法という苦肉の策で共演者のフルトヴェングラーを困らせており、作風が袋小路になっていたことは本人も承知していた。スターリン政権発足後も管弦楽法の冴えが衰えなかったことが、他のソヴィエトの作曲家と袂を別つ点でもある。
シチェドリンが“作曲の極意とは何ですか?”とプロコフィエフに尋ねたところ、こう答えたと言う… “如何に聴衆を驚かすかという事だ”。

ピアノ協奏曲第二番第一楽章 カデンツァ (モスクワ音楽院卒業作品)

楽譜・「ピアノ協奏曲第二番第一楽章」

 交響曲第二番 第1楽章


Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>