0

田中宇のブログ

イラン空爆の件はいったいどうなったのか。田中宇のブログに興味深い記事がのっていたが、3/23~4/6は「地政学リスク」を演出し本当は16500円あたりをみたかったのだろう。4/2の大幅下落あたりはやけっぱちの投げ、あるいは空爆観測に躍らせられた一部の売り? いずれにせよ、英兵拘束は自作自演、ブレアの戦争阻止はあらかじめの出来レースなのか、それとも「のせられた」と気づいたブレアの抵抗なのか? GSの上ポジションからみると、とどのつまりすべては二枚舌の連携プレーなのではないか。もっとも、あらたに4月末危機がささやかれているらしい。原田武夫だったか、「英国の介入」=「危機回避」の見立ては的中した。石油、金があがりだしたら要注意。

2月末の「世界同時株安」時のGS手口もそうであったが、これがインサイダーでなくて他になんといえるのか。これでかなりの「撤退者」が続出したはず。忘れたころにやってくる地震でそれまでの利益のすべてを吹っ飛ばす、というのはこういう事なのだろう。


Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>