0

【メンバー日記】30th anniversary


30歳になりました!!!
ではありません。

PH会恒例行事のひとつ、クリスマスパーティー通称クリパに初参加し、
めでたく(?)イベント参加回数30回を数えました。

2016年8月の初参加から2年と少し。
漠然と「ピアノがうまくなりたい」と思いつつ、先生も見つけられず、
一人で練習するだけの姿勢が独りよがりなのではないか、
など諸々の悩みを抱えて門戸を叩いたこのサークル。

・・・と言っても、実は検索結果の一番上にあったのをクリックして、
まずは見に行ってみよう、が最初でした。
(運営に携わってきた皆さん、こんな雑な選択理由でごめんなさい・・・)


当時の私は学生時代より、初見が壊滅的にできませんでした。
しかし初見能力を上げなければならない状況に陥り、
参加するにあたり条件を設けました。
それが、『毎回必ず、この会で弾いていない曲を1曲は披露する』。

結果。
計78曲、同じ曲を複数回弾いたこともあるので、試行回数119回。。
これだけの「場」を与えていただき、運営の皆様に感謝いたします。

しかし、振り返りで顕著になった点。
①(やはり)選曲がホロヴィッツの録音に引きずられている
②短い曲が多い(これは嗜好だけでなく尺の問題もあります)
③実力に見合わぬペース故、クオリティがアレ

これを受け、来年の目標は
①(私の知る限り)ホロヴィッツの音源がない曲を1曲は仕上げる
②10分以上の大曲を1曲はレパートリーにする
③自分にとっての「絶対」と言えるレパートリーを1曲は持つ
  (できる気はしませんが)
辺りでしょうか。
これらを実現するための工夫を考えていかねば、と思います。




参考までに、内訳を記します。
おとなしい曲、あまり弾かれない曲を多く弾きますが、
激しい曲、メジャー曲を忌避しているわけではありません。
弾いたことある方、これから練習する方、
お話を通じてお互いの世界がより広がれば、と願っています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
J.S.バッハ
 インベンション1,3,4,5,6,8,10,14番
 ゴルトベルク変奏曲よりアリア
 パルティータ2番よりシンフォニア
 ピアノ協奏曲1番より第1楽章
 メヌエットBWV Anh.115(連弾) (=?)
 目覚めよと呼ぶ声す (=?)
 左手のためのシャコンヌ(抜粋) (=ブラームス)
アラン・メンケン
 美女と野獣(連弾) (=?)
アルカデルト
 アヴェマリア (=リスト)
アルカン
 エスキスより”鐘”
カプースチン
 演奏会用練習曲より”トッカティーナ”
グリーグ
 ノルウェー舞曲(連弾)
ゴドフスキー
 ジャワ組曲より”ガムラン”
シューベルト
 即興曲Op90-2
ショパン
 練習曲Op10-4,10-5,10-12
 スケルツォ1番Op20
 バラード1番Op.23
 ノクターン12番Op.37-2、20番遺作
スカルラッティ
 ソナタ L.23、L.33、L.164、L.483
スクリャービン
 前奏曲Op.9-1、Op.32-1
 練習曲Op2-1、Op8-12、Op42-5
タイユフェール
 プロヴァンスの茉莉花
ダカン
 カッコウ
ドビュッシー
 子供の領分より“象の子守歌”、”人形へのセレナーデ”、”雪は踊っている”
 ベルガマスク組曲より”メヌエット”、”パスピエ”
 前奏曲より”アナカプリの丘”
ドホナーニ
 演奏会用練習曲Op.28-6
ビゼー=ホロヴィッツ
 カルメン変奏曲(たぶん68年版)
フォーレ
 ドリーより”子守歌”(連弾)
ブラームス
 間奏曲Op118-2
ブリューメンフェルト
 前奏曲Op.17-22
プロコフィエフ
 スケルツォ
ベートーヴェン(=?)
 交響曲第5番「運命」(連弾)
ホロヴィッツ
 変わり者の踊り
メトネル
 おとぎ話 Op.51-2,Op.51-3
モーツァルト
 ソナタ K.310より第1楽章、ソナタK.330(1~3楽章)
 パンとバター(1本指のための) 
 ロンド ニ長調
 レクイエムより”キリエ” (=?)
モシュコフスキー
 火花
モンポウ
 歌と踊り7番、1番より「歌」、8番より「歌」
ラヴェル
 水の戯れ
 ナキオウジョのためのパヴァーヌ
 マ・メール・ロワより”妖精の園”(連弾)
ラフマニノフ
 前奏曲Op.32-12
リスト
 オーベルマンの谷より抜粋
 超絶技巧練習曲10番
 愛の夢第3番(連弾) (=秋山さやか)
伊藤康英
 琉球幻想曲(ソロ)
 琉球幻想曲(連弾)
久石譲=事務員G=山下
 ジブリメドレー(ひこうき雲→上を向いて歩こう→さよならの夏)
齊藤祐輝
 Autmun wind
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>