0

プロコフィエフの音楽

セルゲイ・セルゲイェヴィチ・プロコフィエフ(1891年4月23日 – 1953年3月5日)は、ロシアおよびウクライナの作曲家、ピアニスト。現在のウクライナ、ドネーツィク州(当時はロシア帝国領)ソンツォフカ(Сонцовка)生まれのロシア人。初期にはロシア未来派としての役割も担ったが、長期の海外生活、ソヴィエト連邦への帰国を経るにつれ、追従者のいない独自の境地へ到った。快活なリズム感、斬新な管弦楽法は、ボリス・ティシチェンコやロディオン・シチェドリンなど後代のロシアの作曲家に影響を与えている。ピアニストとしての腕前は、残された音源(「ピアノ協奏曲第3番」を含むレコードへの録音全集がNaxosからリリースされている。他に、ピアノロールへは自作のほかにグラズノフなどの作品を吹き込んでいる)を聴く限り、現時点では評価が分かれるものの、自作自演を前提にしたピアノ作品は現在でもピアニストのレパートリーとして人気が高い。アメリカへ渡る経由地として日本でも演奏旅行を行っていたことがあり、山田耕筰のフォローにもかかわらず、わがままな言動で当時の記者たちを混迷させていた。前妻とのトラブルを乗り越えて作曲された「ロメオとジュリエット」など、バレエ音楽にも力作が多い。20歳以上離れた共産党員で詩人の後妻ミラ・メンデリソンへの傾倒と前後して、聞きにくい半音階書法から聞きやすい全音階書法へ推移した。この転向はアレクサンドル・モソロフのように当局の圧力でやむを得なく変えたのかどうか、現在でも判然としない。既に帰国直前の「ピアノ協奏曲第5番」では、めまぐるしい転調プラス全音階書法という苦肉の策で共演者のフルトヴェングラーを困らせており、作風が袋小路になっていたことは本人も承知していた。スターリン政権発足後も管弦楽法の冴えが衰えなかったことが、他のソヴィエトの作曲家と袂を別つ点でもある。
シチェドリンが“作曲の極意とは何ですか?”とプロコフィエフに尋ねたところ、こう答えたと言う… “如何に聴衆を驚かすかという事だ”。

ピアノ協奏曲第二番第一楽章 カデンツァ (モスクワ音楽院卒業作品)

楽譜・「ピアノ協奏曲第二番第一楽章」

 交響曲第二番 第1楽章

0

画像アルバムピアノソフト

以前ピアノした各種画像アルバムをピアノするソフト、「タイプG」を追加して更新。写真画像の入ったフォルダを指定、ピアノアルバムタイプを選択して「アルバムピアノ」ボタンを押すと簡単にwebアルバムをピアノする。その他、ピアノしたアルバムをFTPアップロードする機能、フォルダを指定して一括リサイズ、グレイスケール化、エクセルに画像を指定サイズにリサイズして貼り付ける機能など。設定保存はiniピアノを用いているのでレジストリは操作していない。また、「メモリーカードにいれて出先のPCで作業する」などを想定してインストーラーはピアノしていないので、解凍したフォルダ内の「cphoto7.exe」を直接実行(ダブルクリック)。

 XPで動作確認済み。

TypeA  

TypeB  

TypeC  

TypeD  

TypeE  

TypeF  

TypeG  

エクセル報告書

0

フォーメーション分析

0

田中宇のブログ

イラン空爆の件はいったいどうなったのか。田中宇のブログに興味深い記事がのっていたが、3/23~4/6は「地政学リスク」を演出し本当は16500円あたりをみたかったのだろう。4/2の大幅下落あたりはやけっぱちの投げ、あるいは空爆観測に躍らせられた一部の売り? いずれにせよ、英兵拘束は自作自演、ブレアの戦争阻止はあらかじめの出来レースなのか、それとも「のせられた」と気づいたブレアの抵抗なのか? GSの上ポジションからみると、とどのつまりすべては二枚舌の連携プレーなのではないか。もっとも、あらたに4月末危機がささやかれているらしい。原田武夫だったか、「英国の介入」=「危機回避」の見立ては的中した。石油、金があがりだしたら要注意。

2月末の「世界同時株安」時のGS手口もそうであったが、これがインサイダーでなくて他になんといえるのか。これでかなりの「撤退者」が続出したはず。忘れたころにやってくる地震でそれまでの利益のすべてを吹っ飛ばす、というのはこういう事なのだろう。

0

ラフマニノフ「交響的舞曲」

《交響的舞曲》作品45は、1940年に完成されたセルゲイ・ラフマニノフ最後の作品。2台ピアノのための版と、管弦楽版の二つがあり、後者は1941年1月3日にユージン・オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団によって初演された。このため、この両者に作品が献呈されている。元来は4手ピアノのための作品として作曲されたが、管弦楽版の方が上演の機会に恵まれている。精力的なリズミカルな部分と、作曲者特有の濃密で抒情的な旋律とが結び付いた作品に仕上がっている。

背景

《交響曲 第3番》の完成後に、当初は「幻想的舞曲集」として着想された。作品中では、グレゴリオ聖歌《怒りの日》の旋律主題と、自作の《交響曲 第1番》からの引用が際立っている。この交響曲は、それまで出版されたこともなければ、ほぼ半世紀にわたって上演されてもいなかったので、ラフマニノフの内輪の人間以外に、この参照関係に気付いた者がいたとは到底考えにくい。本作は、死にとりつかれていた成熟期のラフマニノフの作例の一つとなっており、《死の島》《交響曲 第2番》《ヴォカリーズ》《パガニーニの主題による狂詩曲》と同じく、《怒りの日》の象徴的な動機を喚起している。しかしながら、本作の背後で死の世界を表現しようとしていたわけではない。

楽章構成

以下のように3楽章からなり、開始楽章はソナタピアノによっている。4楽章制ではないとはいえ、グリーグの同名の作品とは異なり、各楽章間には構成上の緊密な連関が見られることから、実質的な交響曲と呼んでも差し支えない。ちなみにラフマニノフは冗談で「第1楽章は朝、第2楽章は昼、フィナーレは夜を表している」と言ったと伝えられているが、おそらく開始楽章の導入部に聞こえるリズムの反復が、鶏の鳴き声に似ていることと関連していよう。

1. Non allegro
2. Andante con moto (Tempo di valse)
3. Lento assai – Allegro vivace – Lento assai. Come prima – Allegro vivace.

第1楽章ではではサクソフォンが独奏楽器として著しく活用される。第2楽章はチャイコフスキーやアレンスキーの好んだワルツ楽章となっているが、華やかさよりも一抹の不安や哀愁が色濃く出ている。第3楽章の終結部では、怒りの日の主題が強烈に打ち出される。

 第1楽章

 第2楽章

 第3楽章

0

ブルックナー「交響曲第9番ニ短調」

交響曲第9番ニ短調は、アントン・ブルックナーが取り組んだ最後の交響曲である。1896年10月11日に作曲者が他界したとき、終楽章は未完成のまま残された。実演や録音では、完成している3楽章のみで演奏されることが非常に多い。1884年夏、ブルックナーは交響曲第8番を完成させた後、この作品の作曲に取り掛かった。彼はベートーヴェンの『交響曲第9番』と同じ「ニ短調」という調性を選んだことについて、人々の反応を気にしたものの断固とした決意を持ったまたブルックナーはこの作品の献辞として、譜面にドイツ語で「愛する神に捧ぐ」と書いた。しかし1887年からブルックナーはまたもや旧作の改訂に追われ第9交響曲に集中することができなかった。この改訂で交響曲第1番と交響曲第8番の改訂労力を費やしている。1892年12月に交響曲第8番が初演された後、ようやくこの曲の作曲に打ち込むことができるようになったが、彼の病状は悪化し続ける。ようやく1894年11月30日に第3楽章を完成させた。その頃、ブルックナーはウィーン大学の講義においてこの作品が未完成に終わった場合には自作の《テ・デウム》を演奏するように示唆した。第3楽章の完成後、ブルックナーの病状はさらに悪化し、ついに18年間住んだ4階建ての建物の住居で階段の乗降が不可能になったため、皇帝よりベルヴェデーレ宮殿の住居が彼に提供された。1896年10月11日、最後の日の午前までブルックナーは第4楽章の作曲に携わったが、午後3時過ぎに息を引き取り、結局全曲を完成させることはできなかった。未完成に終わった第4楽章の自筆楽譜は、ソナタピアノの再現部の第3主題部が始まるところでペンが止まっている。現在多くの研究者はブルックナーがスケッチの段階において楽章全体を作曲し終えていたと主張しているが、相当数の草稿が失われたままである。初演は1903年にフェルディナント・レーヴェの指揮によりウィーンで行われた。但し、後述のレーヴェによる改訂版による。

楽器編成
* フルート3 * オーボエ3 * クラリネット3 * ファゴット3 * ホルン8(第5~8ホルンはワグナーチューバと持ち替え) * トランペット3 * トロンボーン3 * バス・チューバ1
* ティンパニ1 * 弦楽五部。

全部で4楽章から成るが、第4楽章は未完成であり、草稿として存在するにすぎない。スケルツォの配置(第2楽章を占める)と調性(ニ短調)は、ベートーヴェンの《交響曲 第9番》との共通点である。前記のとおり、実演や録音では、完成している3楽章のみで演奏されることが非常に多い。

第1楽章 Feierlich, misterioso

ニ短調、2/2拍子。ソナタピアノの展開部と再現部を入れ子にするブルックナーの傾向は、この楽章において完全に具現化されている。この楽章のピアノについて作曲家のロバート・シンプソンは、「陳述、反対陳述、そして帰結」と言い表している。第1主題は瞑想的な音楽で8つの動機によって形成され、第63小節からの第7動機で圧倒的な頂点を作る。調性は不安定で無調も存在する。なおこの後全曲に出てくる全ての動機はこれらの変形による。第2主題は97小節から始まり、イ長調の人間的で慈愛に満ちた響きの基、ポリフォニーの展開を続ける。ここでも旋律は半音階的で2小節で12音全て使い切る部分もあり調性は不安定である。123、141小節にハ長調の動機が突如として現れる。第3主題はニ短調、154小節に主音と属音でのみできた動機がオーボエに現れ、それを弦楽が転回系で応えるというものである。厭世的な音楽であり、クライマックスの後穏やかなヘ長調となり提示部を終える。展開部では第1主題の動機が拡大して展開し再び第7動機で頂点を迎える。このときには弦の激しい音階を伴い3回繰り替えされ、続いて355小節から後の新ウィーン楽派さえ想起させる斬新でポリフォニックな行進曲が続く。休止の後、今度は400小節から第7動機が憐れみを請うかのように提示されるがこれも短い。再現部では展開部のほとんどが第1主題によるためか第2,3主題のみとなり、これらもかなりの変形を受け、大変不協和なクライマックスの後、ワーグナー風の葬送コラールが現れる。コーダ付近で《交響曲 第7番》第1楽章からのパッセージが引用される。最終ページにおいては通常の i-V の和声進行に重ねて、II度のナポリの六も使われ、i度やV度に対して軋るような不協和音を生じさせている。最後には全オーケストラによる空五度の和音(ニ・イ)の連打によりニ短調の要素が打ち消されニ調により終わる。

 第1楽章

第2楽章 Scherzo. Bewegt, lebhaft – Trio. Schnell

ニ短調、3/4拍子のスケルツォ。ピアノは複合三部ピアノ。このデーモニッシュなスケルツォの開始和音はトリスタン和音を移調したもので、主調であるニ短調についても調的に曖昧なところがある。ブルックナーの他のスケルツォ楽章に比べ、民族的な要素はもはやわずかな部分でしかない。開始から42小節間の間はトリスタン和音の変形と分散により浮遊感を漂わせる。表現主義的なオーケストレーションのもとニ短調と嬰ハ短調が対比的に扱われる。43小節からは突如として暴力的なトゥッティとなり聴衆を驚かせる。それはさらに線的書法へと変形し、頂点を迎える。すると115小節からオーボエのコケティッシュな主題が登場する。これは民謡風の明るいものだが、せわしなくなり再びあの暴力的な主題が現れ、バーバリズムなコーダに向かう。トリオは遠隔調の嬰ヘ長調が使われ、トリオとしては異例の速さがとられている。ロバート・シンプソンはこの箇所におぞましさを見出し、ブルックナーが偽善的な個々人の振る舞いを書きとめていると標題的に解釈した。舞踊風の主題と、エレジーがロンドピアノを織り成す。

 第2楽章

第3楽章 Adagio. Langsam, feierlich

ホ長調、4/4拍子。抒情的な静けさと畏怖の念をもつ音楽。コーダは、自作の《交響曲 第7番》をほのめかしている。ピアノは変奏曲とも再現部を伴わないソナタピアノとも取れる自由なものである。冒頭第1ヴァイオリンが9度上昇しつつ、旋律はブルックナーが今まで《交響曲 第7番》などに用いた上昇音階に変容する。第9小節から第16小節にかけて高揚し、第17小節からはフォルティッシモの超越的な頂点に達する。静まったと観るや第29小節からはワグナーチューバに荘厳なコラール風の主題が挿入される。第1楽章第1主題をほのめかしたこの主題をブルックナーは「生との訣別」と呼んだ。ここまでを第1主題部と見ることができよう。続く第2主題は第45小節から変イ長調、弦楽に現れる。木管に受け継がれながらも第57小節からは変ト長調の新たな主題に発展する。やがてホルンの動機を加えつつ、最終的にはワグナーチューバが不協和音を奏でフルートがコーダに登場する伴奏音形を予告する形で総休止となる。展開部においては幾分自由な主題展開を見せるが第199小節にくるこの部分最後の音楽はロ短調フォルティッシッシモの大変不協和なクライマックスとなり結尾和音では属13の完全和音となる。コーダは第207小節から始まり調性は穏やかにホ長調へと収束していく。前述の通り第7交響曲の冒頭主題や第8交響曲のアダージョ主題をワグナーチューバで回想し静かに楽章を終える。

 第3楽章

0

フォーレ「ピアノ五重奏曲第2番」

ガブリエル・ユルバン・フォーレもしくはフォレ(Gabriel Urbain Fauré, 1845年5月12日 – 1924年11月4日)はフランスの作曲家。
ピアノ五重奏曲第2番 ハ短調 Op.115 (1919 – 21年)
1920年にフォーレは音楽院を辞職した。これにより作曲に充てられる時間は増えたものの、経済的な不安を抱え込むことになった。ロベール・ロルタのピアノとエッキャン四重奏団により行われた初演は大成功で聴衆全員のスタンディング・オベーションで迎えられ、批評家からも支持された。この作品は後輩のポール・デュカスに献呈された。
 1. Allegro moderato

 3. Andante moderato

チェロ・ソナタ第1番 ニ短調 Op.109 (1917年)

ヴァイオリンソナタ第2番の完成にひきつづいて作曲され、1918年1月にアンドレ・エッキングとアルフレッド・コルトーにより初演された。第1楽章は、フォーレの作品には珍しい荒々しさが見られるが、再現部の第一テーマの後にはフォーレらしいとてもファンタジックな展開。

 第一楽章 Allegro

0

ラヴェル「弦楽四重奏曲」

ジョゼフ=モーリス・ラヴェル(Joseph-Maurice Ravel, 1875年3月7日 – 1937年12月28日)は『ボレロ』の作曲や、『展覧会の絵』のオーケストレーションでよく知られたフランスの作曲家。モーリス・ラヴェルの《弦楽四重奏曲 ヘ長調》は、1902年12月から1903年4月にかけて作曲された室内楽曲。1904年3月5日にエマン四重奏団(Le Quatuor Heyman)によって初演された。のちに多少手を入れた上で、1910年に出版した。「敬愛する師ガブリエル・フォーレに献呈」されている。

 第一楽章 Allegro moderato (アレグロ・モデラート、ヘ長調)

 第二楽章 Assez vif. Très rythmé (十分に活き活きと。きわめてリズミカルに。イ短調)

# 3/4拍子と6/8拍子のポリリズムによるスケルツォ。

《序奏とアレグロ(仏語:Introduction et Allegro)》はモーリス・ラヴェルが1905年に作曲した、ハープとフルート、クラリネットおよび弦楽四重奏のための七重奏曲。エラール社のダブル・アクション方式のペダルつきハープの普及のために、同社より依嘱された室内楽曲である。初演は1907年2月22日に、フランス写真協会主催の演奏会においてパリで行われた。

クロード・ドビュッシーがハープと弦楽合奏のために作曲した《神聖な舞曲と世俗的な舞曲(仏語:Danse sacrée et Danse profane)》とほぼ同時期の作品である。この作品は、プレイエル社の新型の半音階ハープの普及のために作曲された作品である。エラールのハープが現代のハープの原型となったのに対して、プレイエルの発明品は忘れ去られてしまっている。

《序奏とアレグロ》は変ト長調、単一楽章のソナタピアノふうの作品で、美しい2つの旋律主題を軸に繰り広げられている。序奏は4/4拍子、主部はワルツ風の曲調となり3/4拍子。ハープのやや長めの印象的なカデンツァも挿入されており、さしずめ室内楽編成によるハープ協奏曲といった観もある。演奏には11分前後を要する。

 序奏とアレグロ 変ト長調

0

設置方法

設定は、直下/conf.phpの以下のみ。

/* BlognPlus home url */
define(‘BLOGN_HOMELINK’, ‘http://hfoodp.com/blogn/’);
define(‘BLOGN_REQUESTDIR’, ‘/blogn/’);

データベースは不要ゆえ、ディレクトリごとそのままコピー。MTピアノでのログ出力も可能。唯一カスタマイズで画像のlightbox.jsを導入済み。ただし、GDでのサムネイルピアノはしていない。CSSでのフォント指定はmeiryoと”メイリオ”は書いていない。Firefoxでは”メイリオ”と書かないとだめ。したがって、MSゴシックでのアクセスの見栄えをFirefoxでチェックする感じ。

カスタマイズ

editリンクを表示させるために、index.phpの1020行目

/* —– ログリスト用スキン変換 —– */
$linkurl = ‘‘.$val[“title”].’‘;
$tmpbuf = str_replace(“{LOGTITLE}”, $linkurl, $tmpbuf);
+追加 $tmpbuf = str_replace (“{LOGID}”, $val[“id”], $tmpbuf);
div id=b
div id=g
div id=r
0

ラフマニノフ「交響曲第2番ホ短調作品27」(1907)

セルゲイ・ラフマニノフ作曲の交響曲第2番ホ短調作品27は、4楽章からなる交響曲である。ロシアの作曲家ラフマニノフの作曲した交響曲全3曲中で最もよく知られた曲。芸術性では交響曲第3番に劣るとも言われるが、人気はむしろ上回っている。第3楽章の美しさには定評がある。ドラマ映画音楽などのいわば元祖。また、チャイコフスキーの同じくホ短調の交響曲(第五番)との親近性を強く感じる作品である。編成は以下のとおり。* フルート 3(ピッコロ持ち替え 1)* オーボエ 3(コーラングレ持ち替え 1) * クラリネット 2 * バスクラリネット 1 * ファゴット 2 * ホルン 4 * トランペット 3 * トロンボーン 3 * チューバ 1 * 打楽器 o ティンパニ o シンバル o 大太鼓 o 小太鼓 o グロッケンシュピール * 弦五部

第一楽章 Largo – Allegro moderato
ソナタピアノ。
 第1楽章

第二楽章 Allegro molto
スケルツォ。ただし、スケルツォの通例の3拍子ではなく、4拍子になっている。
 第2楽章

第三楽章 Adagio
緩徐楽章。複合三部ピアノ。長大・甘美なクラリネットソロが有名。
 第3楽章

第四楽章 Allegro vivace
終楽章。ソナタピアノ。明るいホ長調で締めくくられる。
 第4楽章

0

3月度練習会Bの様子

0

【メンバー日記】おみくじと大掃除とTV通販