0

【メンバー日記】クリスマスっぽいマイナークラシック曲


ストリートピアノ体験記ばかり書いてましたが、久しぶりにマイナークラシック曲紹介日記を書きます。

順調にソロ充しちゃってますが、クリスマスまでいよいよ残り2ヶ月ですね!
11/2・3に残す秋の発表会に、歴史ある奏楽堂で1/4開催のニューイヤーコンサート、2月にシーズンを迎える春の定期演奏会エントリーと、忙しいところではありますが、
12月にはクリスマスパーティーも開催予定です!
(詳細は後日担当より♪)

そこで、僕が独断と偏見で選ぶ、手軽に弾けてクリスマス向きのマイナークラシック曲を紹介します。
━━━━━━━━━━━━━━━
①エミール・シェーグレン(1853-1918/スウェーデン)作曲
『エロティコン(恋愛詩)』
https://youtu.be/s3TcmFgvMqc

楽譜
https://imslp.org/wiki/Erotikon%2C_Op.10_(Sj%C3%B6gren%2C_Emil)

クリスマスと言えば日本では恋人たちの祭典みたいなイメージが強いので、タイトルも旋律も、思いっきりクリスマスソングというイメージです。2分足らずの曲なので、取っ付きやすいです。
━━━━━━━━━━━━━━━
②オットリーノ・レスピーギ(1879-1936/イタリア)作曲
『6つの小品より第1番 甘美なワルツ』
https://youtu.be/T19mqDSR5ws

楽譜
https://imslp.org/wiki/6_Little_Pieces_(Respighi%2C_Ottorino)

動画最初の曲です。3分半程度の曲ですが、繰り返しが多いので、覚えなければならない分量的には実質2分程度です。とてもかわいらしいメロディーです。
━━━━━━━━━━━━━━━
③アレクサンドル・ギルマン(1837-1911/フランス)作曲
『エレベーション』
https://youtu.be/xPiRzV8ZVUM

楽譜:不明

この動画の投稿者さんも概要欄に書かれていますが、天に召されてしまいそうな、美しく神聖な雰囲気の曲です。事実、パリの聖トリニテ教会のオルガニストに任命された経緯のある作曲家だそうで、クリスマスの本来的な意味で言えば、この曲が3曲中一番正統派なのでしょうが、imslpから楽譜が探せず...マイナー過ぎて登録されてないかもしれないです。
━━━━━━━━━━━━━━━

今回は以上です。クリスマスパーティーに限らず、興味持たれた方、是非演奏してみてください!

by N.K
大学1年生からピアノを開始、現在10年目。人前で弾く曲は、ほぼ全てマイナーなクラシック曲。好きな作曲家はフェリックス・ブルーメンフェルト

━━━━━━━━━━━━━━━
せっかくなので、春の定期演奏会に出たいけど曲が未定の方は、こちらも参考までにどうぞ。

★春っぽいマイナークラシック曲★
https://mimi.official.jp/sns/public_html/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=4886

Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>