0

【メンバー日記】ヨーロッパ旅行の思ひ出


 コロナウイルス、日本でも緊急事態宣言が出ました。しばらくは最低限の外出しか出来そうにないですが、家に篭っていると鬱々としてくるので、気持ちだけでも旅行した気分になりましょう。

 という訳で、大学院卒業時の卒業旅行で行ったヨーロッパ旅行について振り返りたいと思います。
この旅行は初の一人旅だったのですが、そうとは思えないくらいアグレッシブな行程でした。
--------------
パリ→トゥール→ボルドー→ブリュッセル→アントワープ→ルクセンブルク→パリ
--------------
と言うものです。フランス、ベルギー、ルクセンブルクの3国を回った感じです。
 EU加盟国の間には基本的に「シェンゲン協定」と言うものが結ばれていて、パスポートなしで国境を越えることができます。こうした人の行き来の自由さがEUの強さであり観光的にも魅力的なポイントではあるのですが、コロナウイルス流行の一員となったのも確かで、中々に複雑な感じです。

 全部詳しく振り返ると大変な量なので、やるなら別の機会にすることにして、本当に簡単に国ごとの感想だけ書きます。

★フランス
 ルーブル美術館、凱旋門に行きました。凱旋門とか行くと、スケールの大きさに驚きます。凱旋門デカ過ぎ!!



 大きさだけでなく作りも精巧で、そこら辺の建物を見ながら歩くだけでも楽しいです。ただ、ちょっと裏路地に入ると移民の集団が居たりして、危険そうな雰囲気があります(堂々と歩いていれば何も起きませんが。)。この旅行の中で最も危ない雰囲気を感じたのは、意外なことにパリでした。



 フランスは駅舎も立派なのですが、駅にピアノが置いてあります。あの頃は滅茶苦茶シャイだったので何も弾けなかったのですが、本当に悔やまれます。

★ベルギー
 首都でありEUの本拠地でもあるブリュッセルと、フランダースの犬で知られるアントワープに行きました。
 ベルギーといえばやはり、チョコレートでしょう。ベルギーチョコレートは、帝国主義時代のベルギーが植民地に敷いた圧政の名残だとメンバーの方に教えてもらいましたが、しかし美味しいものは美味しいのです。



 ブリュッセルの中心街、グランプラスにはかなりの数のチョコレート屋さんが並んでいます。お洒落で可愛い店から、ブランドショップみたいな所もあります。GODIVAなどは日本でも有名ですが、私の一押しはなんといってもマルコリーニですね。チョコレートの常識が変わりますよ。


★ルクセンブルク
 一人当たりのGDPがやけに高いところで知られる金融立国です。世界で唯一、大公が治めている国です。



 世界遺産となっている「古い街並みと要塞群」はさながらファンタジーの世界のようで、歩いているだけで楽しいです。峡谷なので坂が多く、良い雰囲気を出しています。

「ルクセンブルク」は多分ドイツ語読みですが、フランス語(?)だと「リュクサンブール」となって格好良いです。

/////////////////////////////////////

という感じです。やはり、駅にピアノが置いてあるのは衝撃的でしたね。その頃の私はちょうど、「ピアノを運びたい」と思っていたこともあり、本当に羨ましく思いました。


 実はこの一人旅、取り敢えず航空券と初日の宿だけ取ってあとはテキトーというザル計画だった上に、ポケットwifiを持っていかないなど、ツッコミどころ満載の完全に舐め腐った態度で挑みました。
 「今日はホテルまで辿り着けるのだろうか?」と思ったことは多々有りましたが、行く前に何もしなかった分、行ってから滅茶苦茶脳みそを使ったので、それはそれで楽しかったです。もう3年以上が経ちますが、ほぼ全ての行程を自分で考えたこともあり、かなり色々覚えています。
 


 またこんな、バカみたいな旅をしてみたいですねぇ。早く落ち着いてほしいものです。

Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>