0

【メンバー日記】今日から君は


つらいとき、生きていれば誰でもそんな期間はあるでしょう。そんなとき、皆さんは何をするでしょうか?

・ピアノを弾く。
ピアノサークルらしくて良いですね。

・音楽を聴く。
分かります。私も、辛いときに聴く曲のレパートリーだけは大量です。

・カラオケに行く。
歌うとさっぱりしますよね。私はカラオケでは無く、車通りの多い道で歩きながら歌う派です。

・お酒を飲む。
お酒を飲んで逃げるのは簡単ですが、お酒を飲まないと戦えないこともあるのかも知れない。と最近思いました。

・名言集を読む。
...は?


私はと言うと、松岡修造を聞きます。


と言うわけで、私が尊敬してやまない松岡修造さんのすごいところについて説明していきます(熱)!!!
もっと熱くなれよ!!!


何でこんな日記を書こうと思ったのか、意味不明です。でも、一つのところに命をかける!
一所懸命!!!頑張っていきます!!!

なに馬耳東風してんだ!?
そこの君だそこの君!!!!
ちゃんと!読めよ(暑)!!!


★名言の数々

松岡修造さんの熱いハートと、とにかくみんなを応援しようという気持ちはおそらく本物で、言いたいことを直球で放り込んでくれます。

・大丈夫。どうにかなるって。Don’t worry. Be happy...
・本気になれば、自分が変わる!本気になれば、全てが変わる!
・応援がなきゃできねぇんだよ!出し切るのは!だからこそ俺は言うよ。全てを、出し切れ!

言葉にすると陳腐なのかもしれません。ただ、それを恥ずかしがらずに本気で叫んでいる様は、動画越しでも心を打たれるものがあります。


★迷言の数々

松岡修造さんは、我々の想像を上回る謎発言を残してくれます。謎発言を本気で叫ぶ様は、まさにシュールです。
 
・今日から君は、富士山だ!!!
・できるよ!お米食べろ!!!
・俺だってこのマイナス10度のところ、しじみがトゥルルって頑張ってんだよ!?
・みんな、竹になろうよ(優しい口調で)
・エースを狙えを歌ってみろよ!!!
・北京だって頑張ってるんだから!!!

などなど枚挙にいとまが無いですが、一体どうやって自分のネタに応用すれば良いか分かりませんね。
 でもそこで頑張れば、必ず目標達成できる!だからこそ!!
  ★⭐︎Never Give up!!!⭐︎★

いい歳したおじさんが、必死に、訳のわからないことを叫んでいるその様は「俺の悩みなんてどうでもいいものなんだな」という気持ちにさせてくれます。


★経歴が地味に凄すぎる

wikipediaとかで松岡修造の経歴やエピソードを見ると、自分にストイックな方だと言うことがよく分かります。自分で色々考えて努力して道を切り拓いて行かれた方であることは間違いなく、結果として超熱血応援キャラに落ち着くというのは、何か深い意味があるように思います。

 もしかしたら、あの迷言の数々にも深い意味があるんじゃないか?

と思わせてきます。が、どう考えても笑いの方が先に来るので、深く考えることは難しいです。


★周りのイジりに対して寛容(?)

松岡修造さんはネタ動画を自分から発信しまくっており、ネット界ではそれらを組み合わせて(良く言えば)イジり動画が多数作成されています。
そしてそのようなネットの動きに対する、松岡修造さんの反応がこちら、名言です。
--------------------------
「怒るとかそういうことよりも、僕は『ホント、よくできているな』と思って見ている。凝った編集には『あっぱれ!』をあげたいし、逆に出来が悪いものには、もっと頑張ってくれないかな、と思うほどだ。こんなに一所懸命に作ってくれて、感謝したいくらいだ。みんながいい作品(?)を作れるように、僕たちも、もっと強烈なものを作るべきだなと思っている。」
--------------------------
 
 すげぇな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大学時代、やたらと「シジミがトゥルル」と言ってくる友人がいました。

「シジミがトゥルルって何だよ?」

そう思ったのがきっかけで、松岡修造さんの発信する動画を見てみました。一通り見終わった後、こう思いました。

「シジミがトゥルルって結局何だよ?」

そう。普通の精神状態の時に見ても、「ただの変な動画」で終わってしまいます。

大学院時代、私の人生の中で一番辛かった時代ですが、ふとしたきっかけで松岡修造さんの動画を見返しました。何故か大号泣しました。
 そして、こう思いました。

「シジミがトゥルルって何なんだよ?」


どんな時でも、どれだけ辛い時でも、最後にはツッコミをする元気をくれる。それこそが、松岡修造さんの凄さなのかもしれません。


※ネタ要素が編集で巧妙に削られています(笑)。

心も!体も!!スカーイ、ブルー!!!

Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>