0

【メンバー日記】1ポンドは何グラム?


発表会のダメージからそろそろ立ち直ろうと思い日記を書きます

私 昼間の仕事のほかに夜アルバイトでステーキ店で肉を焼いてます
オープンキッチンなので よくお客さんから声をかけられます
「おいしかったよ」とか「焼き加減がよかった」とかお褒めの言葉や
バーベキューで役に立てたいと 炭の組み方や火力保持のコツをきかれたりします 

昨夜 よく見かける常連さんからいきなり
「1ポンドって何グラムですか?」と質問されました

うちの店はポンド表記は一切なく すべてグラム単位での扱いなので
まったく意識にありませんでした
ただ 昔 調べたことはあるのです 頑張れば思い出せるかと頑張りましたが無理でした(^^;)

「スミマセンわからないです」と言うと「いいよいいよ」と言ってくれましたが
せっかく話しかけてくれたので このまま終わらせてはなるものか!
と思いました
1ポンドが何グラムかは思い出せませんでしたが さっきから「ポンド」に関する1つの記憶が頭から離れないのです

思い切ってお客さんにその記憶の話を振ってみました
「1ポンドが何グラムかはわかりませんが 映画『ロッキー』のロッキー・バルボアの体重は202ポンドですよ」
たぶん同年代のお客さんなのでわかるかな~と期待を込めました

ロッキーの体重は 中学生時代に何回も何回も映画を見て覚えています
「赤コーナー 202パウンド~ イタリアの種馬~ ロッキーーー バルボアーーーー」という場内アナウンスがいまだにこびりついています
この頃は頭の中で常に「アイオブ ザ タイガー」が流れていたくらいです(笑)

期待通りロッキーの話に興味を持ってくれて 映画の話で盛り上がりました(肉を焼きながら) 一緒にいた他のお客さんがすかさず検索して調べてくれて 1ポンドが450グラムだとわかりました


この出来事も 大惨事だった発表会に当てはめて考えてしまいます
急な質問をされて あたま真っ白 こういうお店ならありえなくもない質問なのに

発表会後 なんで他の人は緊張してても弾けるのか サークルでかなり度胸もついてきたと思っていたのに 自分には何が足りないのか 先生に質問しました

今回 あまりにも私がへこんでしまったため 先生はちゃんと答えてくれました
「練習方法が間違っている」
そしてその理由をはっきりと教えてくれました

1年間練習してきても サークルで人前で弾いてきても この先生の言葉を聞いた私は 「確かにその通りだ これでは止まってしまっても仕方ない」と思いました

根本的な練習方法を変える必要がありそうですが 何とも苦しそうな私の苦手な方法なので 先生も今までは黙っていたそうです

しかしこれは何においても必要であり 1ポンドが何グラムかを答えられる自分であることにつながるのです

今回はロッキーでその場を乗り切りましたが 発表会ではロッキーは助けてくれませんからね(笑)

ちなみに先生の教えは キチンと習ってきたみなさんにとっては当たり前のことなのであえて書きません 気になる方は 今度お会いした時にきいてください(^^;)

特に好きだったシリーズ3作目「ロッキー3」
この3からテーマ曲となった「アイ オブ ザ タイガー」 今きいても熱くなりますね


チャンピオンになったロッキーは王者の生活に慣れてしまい 突然現れた強敵に敗れてしまいます 王座を奪い返すため かつてのライバルのアポロと協力して チャレンジャー時代のハングリーな「虎の目」を取り戻します
敵役があのミスターTです こないだのワールドカップ ベルギーのルカクがミスターTに見えて仕方なかったのも ロッキー3の影響です(笑)


byトシ

Leave a reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>